インスタ写真を撮ってみてふと感じた重要性

私は最近、インスタグラムを始めてみました。インスタグラムと言えばやはり写真でしょう。今日は休日なので、いつも通りに懸垂とジョギングをしたのですが、その際、いつも懸垂をしている公園の錆び付いた鉄棒、ジョギングコースでのふとした紅葉風景、帰り道にいつも通る神社での立派な馬の彫像の三点を写真に収めて投稿しました。
インスタをやり始めて気付いたのですが、自分の身の回りには本来、貴重な風景や物が沢山あるはずなのに、日々の忙しい日常に終われて、それらに気づかないまま毎日を過ごしてしまっている傾向があります。
特に今日撮った三枚の写真は、今までの私なら普通に気にせずやり過ごしていたものばかりです。こうして少し立ち止まって周りを見渡せば、違った景色が自分の眼前に広がってきます。
これは仕事に関しても同じで、優秀なビジネスパーソンは膨大な仕事量に追われて目の前の状況にその場凌ぎで対応するよりも、一旦一呼吸置いて全体を俯瞰し、個々の仕事の関連性を見出だして効率的に対処法を編み出していきます。
インスタをやり始めて、一呼吸置いて視点を変える事の重要性を身に染みて体感した今日この頃です。ミュゼ 300円 何回